×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



浜辺 ゴミ ペットボトル

準備に追われています。 今朝のゴミ当番は1時間半ペットボトルの持ち込み4人で7袋。 動くこともなく芯まで冷えたみたいで暖房ガンガンでも寒すて・・厚着して最終段階の制作。 結局今日の展示準備は事故の元になりそうで401日当日に展示を 甘かった。 夜の海は女1人で気軽に行ける場所ではない。 江島の灯台の灯は遥か遠くを照らしていて浜辺は正真正銘の真っ暗闇だった。 蟻力神そんなビチクリンも始めてから1年近く。 今ではまどかんといういい相棒もできた。 それに。 「おはよ?鶴さん。 今日は注射器がかなり落ぁるから拾う時は気をつけてね。 これ処理用のペットボトルね」岸に打ち寄せるゴミには意外な危険な物がる。 医療用の注

浜辺の特集リンク

【F1】フェテルが逆転で史上最年少王者に アブダビGP決勝、
 F1世界選手権シリーズ今季最終第19戦・アブダビGPは14日、アラブ首長国連邦アブダビのヤス・マリーナ・サーキット(1周5.554キロ)で24台が出走して55周の決勝を行い、セバスチャン・フェテル(ドイツ=レッドブル・ルノー)が初のドライバー王座を獲得した。フェテルは23歳と134日で、2008年にルイス・ハミルトン(英国=マクラーレン・メルセデス)が記録した23歳300日を抜いて史上最年少王者となった。
【世界バレー】ロシア、2連覇に喜び爆発
 逆転勝ちで2連覇を果たしたロシアは、選手をはじめ、監督、コーチらがコート上で抱き合い、喜びを爆発させた。両チーム最多の35点を挙げて最優秀選手にも輝いた202センチのエース、ガモワは「2回もチャンピオンになることができて最高」と、とびきりの笑顔を見せた。
【世界バレー】日本総力戦で勝利 監督「選手に感謝です」
 フルセットの死闘に終止符を打ったのはエース木村。「みんなが必死につないでくれたボール。絶対に決める」と右腕を勢いよく振り抜くと、相手ブロックはアウト。その瞬間、場内の歓声はうねりを増し、選手は歓喜の輪を作った。32年ぶりのメダル獲得に真鍋監督は「最高。頑張ってくれた選手に感謝です」と興奮で声を震わせた。
【世界バレー】主将・荒木、勝負どころで存在感
 日本主将の荒木が勝負どころで存在感を示した。2セットを失い、後がなくなった第4セットで先発すると、強打でチームに流れを呼び込んだ。最終セットもサーブで相手の守備を崩して勝利につなげた。
【スピードスケート】加藤、やや出遅れ2連勝逃す
 加藤は男子500メートルで惜しくも2連勝を逃した。最初の100メートルで9秒70とやや出遅れ、最終コーナーでバランスも崩した。長島に0秒04届かず「最後はばててしまった。最初が9秒6の前半じゃないと、優勝は難しい」としかめっ面だ。